ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

ネットワーク技術

Junose pppoe デュアルスタック(IPv4/IPv6)設定 その2

更新日:

先日、Juniper(JunosE)PPPoEIPv6の設定がうまくいかなかったので再度、チャレンジをしたことをメモっておきます。
現状、結果としてはIPv6PPPoEの動作はうまくいっており、DHCPv6によるDNSv6の払い出しも成功しています。

成功例は後日記載します。


>>>>>>エンジニアおすすめサイト
⇒IT、WEB、プログラミングのキャリアアップを目指す方はオンラインで学べる
コードキャンプがおすすめです。

無料体験レッスンも受けることができますし、専門の講師がしっかりサポートもしてくれるので安心です。
しかも、初心者からこれからキャリアアップして転職を考えている方もしっかりとサポートしてくれます。
年収もアップするために次のステップに進みましょう!

JunosEでIPv6 PPPoE設定を見直してみる

junoseでipv6設定をする際、profileにて

ipv6 nd prefix-advertisement X:X:X:X:X:X:X:X/64 XXXX XXXX onlink autoconfig

の設定が必要。

しかし、この設定はインターフェースのRAを使用し払い出される。
show subscribers ipv6ではpppoeのエントリーがされている。

この出力結果はMACアドレスの4ブロックが見える。
以下、結果としてはこうかな。

2001:FFFF:FFFF:FFFF:  ea12:8874:eeea:7777/64
↑前半4ブロックはRA    ↑後半4ブロックはMACアドレス

と言う感じで端末に割り当てていると思われる。
動作としてはradiusから払い出したアドレスブロックを割り当てたいので
RAは使用したくない。。。

スポンサーリンク


結局PPPoEv6を動かすためにはDHCPv6を使用しないといけないのか

いろいろ調べた結果、前半4ブロックはdhcpipv6 pd にて割り当てるような
動作をすればいけると思われる。
よし。
がんばるか。。。

まとめ

じぶんはバックボーンからやってきたネットワークエンジニアなので、コンシューマ(顧客)に近いBASの設定なんてほとんどしたことがありませんでした。

ましてや、PPPoEなんて触ることがないだろうと思っていた人間です。
それが今ではPPPoEだけではなくデュアルスタックでってことです。

ホントに苦労しました。
今回の失敗でも学んだことは結構あります。

PPPoEv6はプレフィックスの払い出しはBAS及びRadiusからするように設定し、端末に割り当てるDNSv6はBASで仮想DHCPv6を立てて、そこから端末にDNSを割り当てるような作りになることがわかりました。

後は、詳細設定ですがこれも後日、記載させて頂きます。

追記:
ということで完成バージョンはここから


>>>>>> 今、IT業界でLinuxの資格は必須と言っていいほど重要になってきました。
リナックスアカデミーはITエンジニアとしての知識が学べ、卒業後の就職までサポートしてくれます。

将来のエンジニアを目指す方は無料資料があるので参考にしてください。


○エンジニアの道を目指すならこちらもおすすめです!
⇒ネットワークエンジニアへの技術手順書

⇒サーバーエンジニアへの構築手順書



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中!
自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています!
私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-ネットワーク技術
-,

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.