ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

サーバー技術

CentOSでインストールされたパッケージを確認する方法

更新日:

CentOSでインストール済みのパッケージを確認するコマンドをメモっておきます。
yumとrpmの違いは必ず頭に入れておくこと。


TVでも話題になった自宅で無料でオンラインブートキャンプが体験できるようになりました!
プログラミングのオンラインスクールCodeCamp

※資料ダウンロード(無料)はこちらから!
【CodeCamp(コードキャンプ)】公式案内

パッケージ確認方法

CentOSでパッケージを確認するコマンドは「yum」コマンドと「rpm」コマンドが存在します。
それぞれの違いを以下で書いています。

  • 依存関係
    yum ⇒依存関係にあるパッケージを自動でインストールする
    rpm ⇒依存関係にあるパッケージを自動でインストールしてくれない
  • インストール時
    yum ⇒パッケージをインストールする場合は必要なパッケージ名のみで可能(gccなど)
    rpm ⇒パッケージをインストールする場合に完全な名前やURLなどを指定する必要がある。
  • パッケージの検索
    yum ⇒インストールされていないパッケージの情報も検索することが可能
    rpm ⇒インストールされていないパッケージの情報検索は向いていない

確認コマンド

yum編

# yum list

# yum list installd

# yum list installed | grep httpd

ついでに、最新のyumにバージョンアップする場合は以下のコマンド

# yum list update

rpm編

# rpm -qa

# rpm -qa | grep http
○エンジニアの道を目指すならこちらもおすすめです!
⇒ネットワークエンジニアへの技術手順書
⇒サーバーエンジニアへの構築手順書

Linuxアカデミーの資料が無料請求できます!
リナックスアカデミー【公式サイト】



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中! 自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています! 私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-サーバー技術
-,

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.