CentOSでインストールされたパッケージを確認する方法


CentOSでインストール済みのパッケージを確認するコマンドをメモっておきます。
yumとrpmの違いは必ず頭に入れておくこと。


パッケージ確認方法

CentOSでパッケージを確認するコマンドは「yum」コマンドと「rpm」コマンドが存在します。
それぞれの違いを以下で書いています。

  • 依存関係
    yum ⇒依存関係にあるパッケージを自動でインストールする
    rpm ⇒依存関係にあるパッケージを自動でインストールしてくれない
  • インストール時
    yum ⇒パッケージをインストールする場合は必要なパッケージ名のみで可能(gccなど)
    rpm ⇒パッケージをインストールする場合に完全な名前やURLなどを指定する必要がある。
  • パッケージの検索
    yum ⇒インストールされていないパッケージの情報も検索することが可能
    rpm ⇒インストールされていないパッケージの情報検索は向いていない

確認コマンド

yum編

# yum list

# yum list installd

# yum list installed | grep httpd

ついでに、最新のyumにバージョンアップする場合は以下のコマンド

# yum list update

rpm編

# rpm -qa

# rpm -qa | grep http

以上です。


関連記事


ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!