ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

サーバー技術

CentOS(alias)でコマンドを短縮

更新日:

CentOSでコマンドを叩く際は、フルパスでコマンドを打つことが多くあります。
例えば、

cd /var/named/cheroot/var/named

いちいち、コマンドを打つのも面倒だし、覚えるのが大変です。

そんな時に役に経つのが「alias」コマンドです。


>>>>>>エンジニアおすすめサイト
⇒IT、WEB、プログラミングのキャリアアップを目指す方はオンラインで学べる
コードキャンプがおすすめです。

無料体験レッスンも受けることができますし、専門の講師がしっかりサポートもしてくれるので安心です。
しかも、初心者からこれからキャリアアップして転職を考えている方もしっかりとサポートしてくれます。
年収もアップするために次のステップに進みましょう!

aliasコマンドとは

aliasコマンドは上記のようなフルパスのコマンドを短縮させる便利なコマンドです。

cd /var/named/cheroot/var/named

このコマンドをaliasで

cdname

という、短縮コマンドで同じ動作をしてくれるようになります。

スポンサーリンク


aliasの設定

まずは「alias」コマンドでどのようなコマンドが短縮コマンドとして登録されているか確認します。

$ alias
alias l.='ls -d .* --color=auto'
alias ll='ls -l --color=auto'
alias ls='ls --color=auto'
alias vi='vim'
alias which='alias | /usr/bin/which --tty-only --read-alias --show-dot --show-tilde'

今回は「rancid-run」の短縮コマンドを作成します。

$ echo alias "rancid-run='/usr/local/rancid/bin/rancid-run'" >> ~/.bashrc

以下で、設定が登録されていることを確認します。

$ alias
alias l.='ls -d .* --color=auto'
alias ll='ls -l --color=auto'
alias ls='ls --color=auto'
alias rancid-run='/usr/local/rancid/bin/rancid-run'
alias vi='vim'
alias which='alias | /usr/bin/which --tty-only --read-alias --show-dot --show-tilde'

こんな感じで新しく、aliasへ登録されます。

$ less /var/rancid/.bashrc
# .bashrc

# Source global definitions
if [ -f /etc/bashrc ]; then
        . /etc/bashrc
fi

# User specific aliases and functions
alias rancid-run='/usr/local/rancid/bin/rancid-run'

ま。こんな感じ。


>>>>>> 今、IT業界でLinuxの資格は必須と言っていいほど重要になってきました。
リナックスアカデミーはITエンジニアとしての知識が学べ、卒業後の就職までサポートしてくれます。

将来のエンジニアを目指す方は無料資料があるので参考にしてください。


○エンジニアの道を目指すならこちらもおすすめです!
⇒ネットワークエンジニアへの技術手順書

⇒サーバーエンジニアへの構築手順書



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中!
自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています!
私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-サーバー技術
-, ,

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.