CentOS(alias)でコマンドを短縮

CentOSでコマンドを叩く際は、フルパスでコマンドを打つことが多くあります。
例えば、

cd /var/named/cheroot/var/named

いちいち、コマンドを打つのも面倒だし、覚えるのが大変です。

そんな時に役に経つのが「alias」コマンドです。

aliasコマンドとは

aliasコマンドは上記のようなフルパスのコマンドを短縮させる便利なコマンドです。

cd /var/named/cheroot/var/named

このコマンドをaliasで

cdname

という、短縮コマンドで同じ動作をしてくれるようになります。

aliasの設定

まずは「alias」コマンドでどのようなコマンドが短縮コマンドとして登録されているか確認します。

$ alias
alias l.='ls -d .* --color=auto'
alias ll='ls -l --color=auto'
alias ls='ls --color=auto'
alias vi='vim'
alias which='alias | /usr/bin/which --tty-only --read-alias --show-dot --show-tilde'

今回は「rancid-run」の短縮コマンドを作成します。

$ echo alias "rancid-run='/usr/local/rancid/bin/rancid-run'" >> ~/.bashrc

以下で、設定が登録されていることを確認します。

$ alias
alias l.='ls -d .* --color=auto'
alias ll='ls -l --color=auto'
alias ls='ls --color=auto'
alias rancid-run='/usr/local/rancid/bin/rancid-run'
alias vi='vim'
alias which='alias | /usr/bin/which --tty-only --read-alias --show-dot --show-tilde'

こんな感じで新しく、aliasへ登録されます。

$ less /var/rancid/.bashrc
# .bashrc

# Source global definitions
if [ -f /etc/bashrc ]; then
        . /etc/bashrc
fi

# User specific aliases and functions
alias rancid-run='/usr/local/rancid/bin/rancid-run'

ま。こんな感じ。

以上です。

ABOUT US

blank
げんき☆ひろき
インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!