Linuxコマンドまとめ初期設定編


Linuxがほぼ初心者なわたくしですが、とりあえず初期設定レベルでの確認コマンドなどをメモしたので記述しときます。
また、OSバージョンはCentOS6.6となっています。


まぁ、結構役立つLinuxコマンドまとめ

Linuxコマンドでも初期設定時に必要になるコマンドや、よく使っちゃうコマンドがあるんですが、これは必要だが、そのうち忘れるわ。ってやつをまとめます。

上級者ともなれば簡単なコマンドですが、基本ほど奥が深いんだってことを自分自身に言い聞かせていきたい所存でーす。
つか、コマンドすぐに忘れちゃうんで書いておくだけですが。。。

◆ディスク関連
ファイルシステム確認

cat /etc/fstab

パーティション確認

df -h
fdisk -l

◆起動設定

/boot/grub/grub.conf
kernelから始まる文のオプションの有無

◆SELINUXを無効化

more /etc/sysconfig/selinux
SELINUX=disable

◆ランレベルの設定

more /etc/inittab

# Default runlevel. The runlevels used are:
#   0 - halt (Do NOT set initdefault to this)
#   1 - Single user mode
#   2 - Multiuser, without NFS (The same as 3, if you do not have networking)
#   3 - Full multiuser mode
#   4 - unused
#   5 - X11
#   6 - reboot (Do NOT set initdefault to this)
#
id:3:initdefault:

◆カーネル設定

more /etc/sysctl.conf
kernel.sysrq = 0を1にしてcrash dump を取得するようにする

◆カーネルダンプ

more /etc/kdump.conf
出力先は以下のパラメータ
path /var/crash

◆カーネルダンプメモリ

more /boot/grub/grub.conf
crashkarnel=auto

◆タイムゾーン

more /etc/sysconfig/clock
ZONE="Asia/Tokyo"

◆NTP設定

more /etc/ntp.conf
/etc/syscinfig/ntpd 引数xを付けて起動するとslewモード

◆ハードウェアアドレスはudevにより設定

more /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules

◆ネットワークインターフェース設定

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

◆デフォルトゲートウェイ設定

more /etc/sysconfig/network

◆ファイアーウォール

iptables -nvL

◆名前解決

resolv.conf

◆ルーティングテーブル確認

netstat -rn

◆SSHログインの設定

/etc/ssh/sshd_config

◆ctrl+alt+delの設定

/etc/init/control-alt-delete.conf

start on control-alt-delete
の下の「exec」があり、このキーが押された時の動作を指定している。
なのでexecのところを何も書かなければ動作させない事になる。

◆ログローテーション

more /etc/logrotate.conf

一応、これだけ覚えときゃある程度、いけんのじゃねぇのってやつをメモしておきました。

以上です。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!