【Linux】LVM(LogiclVolumeManager)削除手順


前回、LVMの作成をまとめました。

【Linux】LVM(LogiclVolumeManager)作成手順

2020年10月14日

今回は、作成したLVMの削除手順をまとめました。


【Linux】LVM(LogiclVolumeManager)削除手順

今回はCentOS6での実施例となります。

作成済のLVMボリュームを削除する手順となり、ここでは以下のような構成のLVMを仮定して説明する。

コマンド確認

$ lvmdiskscan
  • 物理ディスク/物理ボリューム(PV)
    /dev/sdb1
  • ボリュームグループ(VG)
    vg02
  • 論理ボリューム(LV)
    lv_testvol

事前に不要なボリュームの削除を実施

始めに不要なボリュームをフォーマットするために、「fdisk」コマンドを実施します。

# fdisk /dev/sdb

fdiskコマンドでコマンド一覧を表示

コマンド(mでヘルプ):m

------------------------------
コマンド
a ブート可のフラグをつける
b bsdのディスクレーベルを編集
c DOSコンパチビリティーをつける
d 区画を削除
l パーティションタイプを一覧
m このメニューを表示
n 新しい区画を作成
o DOS区画テーブルを新規に作成
p 区画テーブルの表示
q 変更を破棄して終了
s Sunディクスレーベルを新規に作成
t 区画のシステムIDを変更
u 表示と入力の単位を変更
v 区画テーブルの確認
w テーブルを書き込んで終了
x 上級者用コマンド
------------------------------

※現在のパーティション構成を確認するため”P”を入力

/dev/sdbに不要なデバイス(/dev/sdb1)がついているので”d”コマンドで削除します。
※不要なデバイスがない場合は無視して大丈夫です。


LVMアンマウント

該当のボリュームのマウントを解除します。

$ umount /dev/dbdata/lv_testvol

論理ボリューム(LV)削除

以下コマンドで論理ボリュームを削除します。

$ lvremove lv_xxxxxx

論理ボリュームが削除されていることを確認します。

$ lvdisplay

ボリュームグループ削除

次に以下コマンドでボリュームグループを削除します。

$ vgremove vg02
  Volume group "datavg" successfully removed

ボリュームグループが削除されたことを確認します。

$ vgdisplay

※論理ボリュームがすべて削除されたらボリュームグループを削除できます。

物理ボリュームの構成を削除

最後に物理ボリューム構成を以下コマンドで削除します。

$ pvremove /dev/sdb1
  Labels on physical volume "/dev/sda1" successfully wiped

物理ボリュームが削除されたことを確認します。

$ pvdisplay

以上がLVM削除手順となります。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!