Squidインストールでプロキシサーバーを構築


Squidはプロキシサーバ、ウェブキャッシュサーバなどに利用されるフリーのソフトウェアです。
Squidの用途は重複リクエストに対応したキャッシュ応答によるウェブサーバの高速化や踏み台サーバなど多岐にわたり、いろいろな使い方があります。

今回はProxyサーバであるSquidのインストールと設定手順を紹介します。
構築環境はCentOS6で実施しました。


Squidインストール手順

さっそく「yum install」でSquidをインストールします。

$ yum -y install squid

今回は一般的はフォワードプロキシとして設定し、内部のプライベートアドレスからの接続を許可し、外部ネットワークからProxyサーバを利用できないようにします。

$ vim /etc/squid/squid.conf


acl CONNECT method CONNECT
acl lan src 10.0.0.0/24         #追記


# from where browsing should be allowed
http_access allow localnet
http_access allow localhost
http_access allow lan      #追記

# And finally deny all other access to this proxy
http_access deny all
http_port 8080         #追記

# 最終行に追記(匿名サーバー化)
request_header_access Referer deny all
request_header_access X-Forwarded-For deny all
request_header_access Via deny all
request_header_access Cache-Control deny all

# ホスト名定義
visible_hostname prox.server.world

# クライアント情報を表示しない
forwarded_for off

Squid起動

上記の設定が完了すればSquidを起動します。

$ /etc/rc.d/init.d/squid start
squid を起動中: .                                          [  OK  ]

最後に自動起動するように設定します。

$ chkconfig --list squid
squid           0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off

$ chkconfig squid on

$ chkconfig --list squid
squid           0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

以上で完了です。

以上です。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!