【Docker】CentOS7,8環境でのアンインストール方法


CentOS7もしくは8の環境下においてDockerをインストールしたけど誤って重要なファイルなどを削除いたときなどは、アンインストールしたほうが早いです。

私はいろいろといじりすぎて、復帰できなかったのでアンインストールをしましたが。
以下はDockerのアンインストール方法についてまとめました。


「CentOS7or8」Dockerアンインストール方法

Dockerアンインストール実施時は事前に起動しているコンテはは停止しておくようにしましょう。

docker-composeで動いている場合

$ docker-compose down

コンテナ単位で停止する場合

$ docker stop <コンテナ名>

アンインストールは「yum remove」で実施

今回のCentOS環境でのDockerは「yum」コマンドでインストールしました。

【CentOS7】Dockerインストールと起動(無償版CE)

2020年2月22日

なので、アンインストールも「yum」コマンドでアンインストールします。

以下では事前に、「yum list」コマンドでインストールされているDockerパッケージを確認します。

$ yum list docker*
Last metadata expiration check: 0:00:32 ago on Thu 23 Apr 2020 12:18:39 PM JST.
Installed Packages
docker-ce.x86_64                                 3:18.09.1-3.el7                          @docker-ce-stable
docker-ce-cli.x86_64                             1:19.03.8-3.el7                          @docker-ce-stable
Available Packages
docker-ce.x86_64                                 3:19.03.8-3.el7                          docker-ce-stable
docker-ce-selinux.noarch                         17.03.3.ce-1.el7                         docker-ce-stable
$

リストを確認後該当のパッケージをアンインストールします。
※前回「containerd.io」もインストールしているので追加でアンインストールします。

$ yum remove -y docker-ce docker-ce-cli containerd.io


Dockerアンインストール後の不要ファイル削除

Dockerアンインストールをしても不要なファイルは残り続けます。
volumeに必要なデータなどがない場合は「/var/lib/docker」フォルダは削除しておきます。

$ ll /var/lib/docker
total 60
drwx------ 2 root root  4096 Mar  9 14:48 builder
drwx------ 4 root root  4096 Mar  9 14:48 buildkit
drwx------ 3 root root  4096 Mar  9 14:48 containerd
drwx------ 2 root root  4096 Apr 22 18:47 containers
drwx------ 3 root root  4096 Mar  9 14:48 image
drwxr-x--- 3 root root  4096 Mar  9 14:48 network
drwx------ 2 root root 12288 Apr 22 19:14 overlay2
drwx------ 4 root root  4096 Mar  9 14:48 plugins
drwx------ 2 root root  4096 Apr 12 16:14 runtimes
drwx------ 2 root root  4096 Mar  9 14:48 swarm
drwx------ 2 root root  4096 Apr 22 19:14 tmp
drwx------ 2 root root  4096 Mar  9 14:48 trust
drwx------ 4 root root  4096 Apr 22 18:40 volumes

削除コマンドは以下で実施します。
※このコマンドは有無を言わず、そのまま実行されるので削除する際は気をつけましょう!

$ rm -rf /var/lib/docker

CentOS配下でのDockerアンインストールの手順は以上となります。


Docker実践ガイド 第2版 impress top gearシリーズ

Docker実践ガイド 第2版 impress top gearシリーズ

古賀 政純
3,762円(10/19 14:23時点)
発売日: 2019/02/18
Amazonの情報を掲載しています

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!