「Cisco」UCSBブレードサーバー「iSCSIブート」ESXiインストール手順メモ


CiscoUCSBシリーズにおけるブレードサーバーのESXi「iSCSIブート」を使用したインストール手順をメモします。


UCSB-ストレージ間のiSCSIブート作成から起動までの手順

CiscoUCSBでは事前にテンプレートを作成することで、各ブレードサーバーの設定は同じ設定で簡単に作成できるようになります。
今回は、iSCSIブート用にServiceProfileを作成しますが、テンプレートはvNICテンプレートを使用して作成します。

テンプレート作成からiSCSIブートでのESXiインストールまでの手順は以下となります。

vNICテンプレート作成

LANタブ→「vNIC Template」→右クリック「Create vNIC Template」

  1. Name:任意の名前
    FabricID:FabricAもしくはBを選択(FIA,Bともに作成する)
  2. vNICに割り当てるVLANを選択
    ※ない場合は「Create VLAN」をクリックし新規に作成
    ※iSCSIブート用のVLANを作成する際は、そのVLANを「nativeVLAN」にすること※ここ重要

MTU:通常は1500でよいが、ジャンボフレームが必要な場合は9000を設定

MAC Pool:事前に作成した「MAC Pool」を選択。FIA、Bともに作成しておくこと
※MAC Poolは「LAN」→「Pools」→「root」→「MAC Pools」→「Create MAC Pool」を選択

設定後、「OK」をクリック


Service Profile作成

Serverタブ→「Servers」→「Service Profile」→「root」→右クリック「Create Service Profile」

  1. Naming
    Name:任意の名前
  2. Connections
    vNICs、vHBAsのチェックを外す
  3. Boot Order
    「Primary Boot Device」にチェックを入れ、「Type」を「CD/DVD」にチェックを入れる
  4. Server Associatione(Optional)
    Service Profileを適用するブレードサーバーを選択

「OK」をクリック

作成した「Service Profile」にvNICテンプレートを適用

Serverタブ→「Servers」→「Service Profile」→「root」→作成した「Service Profile」を展開

  1. vNICsを開き不要なvNICを削除
    ※自動でvNICができているが不要なので削除する
  2. 「Add」をクリックし、「Use vNIC Template」にチェックを入れる
  3. Name:任意の名前
  4. vNIC Template:事前に作成したvNICを選択
    ※iSCSIブート用のvNIC以外にも、ホスト通信用、vMotion、HeatBeet用などのvNICを作成しておくこと
  5. Adapter Policy:VMWare
    ※今回はESXiをインストールする。

上記で完了したら「OK」をクリック

「Service Profile」で作成するvNICは以下となります。

FI2台構成とします。

  • ESXi iSCSIブート用vNIC(FIA、FIBで作成)
  • ESXi ホストアクセス用vNIC(FIA、FIBで作成)
  • ESXi vMotion用vNIC(FIA、FIBで作成)
  • ESXi HertBeet用vNIC(FIA、FIBで作成)

最後にすべてのvNICの作成完了後に、右下の「Save Changes」をクリック

作成した「Service Profile」にiSCSI vNICsを新規作成

Serverタブ→「Servers」→「Service Profile」→「root」→作成した「Service Profile」を展開

  1. 「iSCSI vNICs」を開き「Add」をクリック
  2. 「Create iSCSI vNIC」が開かれるので以下を設定
  3. Name:任意の名前
  4. Overlay vNIC:
    VNIC:iSCSIブート用に作成したvNICを選択
    VLAN:iSCSIブート用に用意したVLAN(native)を選択
  5. MAC Address Assignment:※選択せずデフォルトのまま

上記を作成したら「OK」をクリック

最後にすべてのvNICの作成完了後に、右下の「Save Changes」をクリック

作成した「Service Profile」で「Boot Order」作成

Serverタブ→「Servers」→「Service Profile」→「root」→作成した「Service Profile」を選択

中央メニューより、「Boot Order」をクリック
中央メニュー左にある「iSCSI vNICs」を展開し、上記で作成した「iSCSI vNIC」をドラッグアンドドロップ
し、「CD/DVD」配下へ移動
※ESXiをインストする際に、CD/DVDを先に読み込み→iSCSIの順にBootするようにする

上記でブート順序を作成後、「iSCSI vNICs」配下の「Set Boot Parameters」をクリック

「Set iSCSI Boot Parameters」より以下を設定

  • Initiator Name
    Initiator Name Assignment:Manual
    Initiator Name:任意の名前 ※ストレージ側LUNに設定するためのIQNとなる
  • Initiator Address
    Initiator IP Address Policy:「Static」
    ※IPアドレスを設定。DNSがあれば設定しておく

「iSCSI Static Target Interface」
[+]ボタンを押し、以下の設定を追加

  • iSCSI Target Name:※対向先ストレージLUN側のIQNを設定
  • IPv4 Address:※対向先ストレージLUNに紐づけられているIPを設定
  • LUN ID:※対向先ストレージのLUNに割り当てられたIDを設定

※対向先ストレージにも上記で作成した「Initiator Name」を設定しておく
 対向先に必要なIQNとなるので文字列を間違わないようにすること
 
 
最後にすべてのvNICの作成完了後に、右下の「Save Changes」をクリック

iSCSIブート接続確認

上記でServiceProfile作成、ブレードサーバーへ適用されると再起動が始まります。
「FSM」タブで進行状況を確認し、完了後以下を確認します。

対象はシャーシ1号機のブレードサーバー1となります。
例えば、シャーシの2号機のブレードサーバーの2を確認したい場合は「2/2/1」とコマンドを入力します。

以下では該当のブレードサーバーに接続し、確認をした例となります。

UCS-A# connect adapter 1/1/1
adapter 1/1/1 # connect
No entry for terminal type "dumb";
using dumb terminal settings.

adapter 1/1/1 (top):1# attach-mcp
No entry for terminal type "dumb";
using dumb terminal settings.

Pingは一つのvNICで2経路のアクセスが成功すること
※FIA、Bそれぞれで計4経路のアクセスが可能なこと

adapter 1/1/1 (mcp):8# iscsi_ping
id  name           tgt         address  port tcp ping status
--- -------------- --- --------------- ----- ---------------------------------
 13 vnic_1           0   192.168.0.100  3260 Success (43.258ms)
 13 vnic_1           1   192.168.0.101  3260 Success (42.830ms)
 14 vnic_2           0   192.168.0.100  3260 Success (51.660ms)
 14 vnic_2           1   192.168.0.101  3260 Success (50.839ms)
adapter 1/1/1 (mcp):9#

以下のようにiSCSIコンフィグが2経路でアップしていることを確認

adapter 1/1/1 (mcp):9# iscsi_get_config

vnic iSCSI Configuration:
----------------------------


vnic_id: 13
          link_state: Up

       Initiator Cfg:
     initiator_state: ISCSI_INITIATOR_READY
initiator_error_code: ISCSI_BOOT_NIC_NO_ERROR
                vlan: 0
         dhcp status: false
                 IQN: iqn.ESXi-1-A.server01
             IP Addr: 192.168.0.1
         Subnet Mask: 255.255.255.0
             Gateway: 192.168.0.254

          Target Cfg:
          Target Idx: 0
               State: ISCSI_TARGET_READY
          Prev State: ISCSI_TARGET_DISABLED
        Target Error: ISCSI_TARGET_NO_ERROR
                 IQN: iqn.purestorage:flasharray.82503faa0xxxxxx
             IP Addr: 192.168.0.100
                Port: 3260
            Boot Lun: 1
          Ping Stats: Success (43.258ms)

        Session Info:
          session_id: 0
         host_number: 0
          bus_number: 0
           target_id: 0
          Target Idx: 1
               State: ISCSI_TARGET_READY
          Prev State: ISCSI_TARGET_DISABLED
        Target Error: ISCSI_TARGET_NO_ERROR
                 IQN: iqn.purestorage:flasharray.82503faa0xxxxxx
             IP Addr: 192.168.0.101
                Port: 3260
            Boot Lun: 1
          Ping Stats: Success (42.830ms)

        Session Info:
          session_id: 0
         host_number: 0
          bus_number: 0
           target_id: 0


vnic_id: 14
          link_state: Up

       Initiator Cfg:
     initiator_state: ISCSI_INITIATOR_READY
initiator_error_code: ISCSI_BOOT_NIC_NO_ERROR
                vlan: 0
         dhcp status: false
                 IQN: iqn.ESXi-11-B.server02
             IP Addr: 192.168.0.2
         Subnet Mask: 255.255.252.0
             Gateway: 192.168.0.254

          Target Cfg:
          Target Idx: 0
               State: ISCSI_TARGET_READY
          Prev State: ISCSI_TARGET_DISABLED
        Target Error: ISCSI_TARGET_NO_ERROR
                 IQN: iqn.purestorage:flasharray.82503faa0xxxxxx
             IP Addr: 192.168.0.100
                Port: 3260
            Boot Lun: 1
          Ping Stats: Success (51.660ms)

        Session Info:
          session_id: 0
         host_number: 0
          bus_number: 0
           target_id: 0
          Target Idx: 1
               State: ISCSI_TARGET_READY
          Prev State: ISCSI_TARGET_DISABLED
        Target Error: ISCSI_TARGET_NO_ERROR
                 IQN: iqn.purestorage:flasharray.82503faa0xxxxxx
             IP Addr: 192.168.0.101

KVMコンソールを起動し、isoイメージからESXiインストール

※事前にブレードサーバーにCIMCのIPアドレスを設定しておくこと

  1. 作成したサービステンプレート、もしくは対象のブレードサーバーを選択し、「KVM Console」をクリック
  2. KVMコンソールを立ち上げ、「Virtual Media」をクリックし、「Activate Virtual Devices」をクリック→「Accept this session」をチェックし、「Apply」をクリック
  3. 「Virtual Media」をクリックし、「Map CD/DVD」を選択
  4. 「Browse」をクリックし、インストールするESXiのインストーラー(isoファイル)を選択
  5. 「Map Device」をクリック

「Reset」で再起動し、インストール開始、インストール先にiSCSIのLUNが見えていれば成功です。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!