【Cisco】Nexusゾーニング(ZONE)の設定


仮想基盤を構築する際に重要となるのが、サーバーとストレージ間の接続に関する設定となります。

FC間接続でのZONE設定は重要で、仮想基盤構築時にESXiからストレージで作成した「LUN」にアクセスできるように、Nexusで通信ができるように設定します。

ZONE設定はCiscoNexusでよし使用するので、以下設定手順をメモしておきます。


【Cisco】Nexusゾーニング設定(pwwn)

ゾーニング設定では、サーバ側のPWWNとストレージ側のLUNのPWWNの結び付けをしてグルーピングします。
設定は、「zoneset」コマンドで実施します。

それぞれのPWWNの確認は、メーカーによって異なるので、確認が必要ですが、一番簡単な確認のやり方は、実際に機器の起動後にnexusのFCポートに接続した際、ターミナル画面のログに表示されますので、メモっておくのも良いです。

それでは以下が設定の手順となります。

①zoneを設定

以下の設定ではESXiのPWWNとEMCストレージLUNのPWWNでのゾーニングの設定となります。

#conf t
(config)# zone name ESX-VNX vsan 100
(config)# member pwwn 20:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx (ESXのpwwn名)
(config)# member pwwn 50:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx (ESXのpwwn名)
(config)# exit


②zonesetのメンバー追加

①で設定したzoneのグループをzonesetのメンバーとして追加します。

(config)#
(config)# zoneset name VSAN100 vsan 100
(config)# member ESX-VNX
(config)# exit
(config)#

③zonesetをアクティブ化

最後に設定したzonesetをアクティブ化します。

(config)#
(config)# zoneset activate name VSAN100 vsan 100
(config)#

最後にコピーはしておきましょう。

#
# copy run start
#

zoneset後のNEXUS上での確認コマンド

最後に実際、上記のzonesetが適用されているか、また、再度WWNを確認するなど必要なコマンドをまとめているので、メモしておきます。

追加したゾーン設定が反映されている事が確認

#
# show zoneset 
#

追加したゾーン情報がactiveになっている事を確認

#
# show zoneset active
#

FCIDのテーブル情報が更新されている事を確認

#
# show fcdomain fcid persistent vsan 100
#

新規物理サーバのFCケーブルのPWWNを確認

#
# show flogi database 
#

FCケーブルのモードや新規物理サーバのPWWNを確認

#
# show fcns database 
#

まとめ

nexusでゾーニングを実施する際は、showコマンドでPWWNを確認しながら、しっかりメンバーをセットして紐付けをしましょう。
PWWNはみにくいので、一つ一つ確認することが何よりも大事ですよ!

それでは!


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!