【Windows】QTTabBarでエクスプローラのフォルダにタブをつけて使いやすくする


Windowsで複数のフォルダを起動すると管理しにくくなります。
これを一つのフォルダで「タブ管理」してくれるツールが「QTTab」です。

こんな感じ。

仕事をしていてもすごく使いやすいのでインストールと使い方を紹介します。

「QTTab」Windowsフォルダをタブ管理する便利ツール

まずはインストーラーをダウンロードします。
QTTabBar(窓の杜)

インストーラーを起動すると以下のようにインストーラーのポップアップが表示されるので「Next」をクリックします。

「Confirm Installation」の画面で「Next」をクリックします。

インストールが実行されるので、待ちます

「Installation Complete」の画面が表示されると完了です。「Close」をクリックします。

「QTTabBar」の使い方

「QTTabBar」のインストールが完了すると後は使い方になります。
エクスプローラーを起動し、「表示」タブをクリック後、右端の「オプション」をクリックします。

「オプション」をクリックすると、以下のようにQTTab Barのオプションが追加されるので、自分の好きなようにカスタマイズします。

私の場合はタブがあればよいので、使いやすさで「QTタブバー(下)」を選択しました。

上記の設定が完了するとエクスプローラーの画面でフォルダがタブごとに管理されます。
追加をするときは「+」ボタンで追加します。

「QTTabBar」のインストールと使い方は以上になります。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!