ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

C言語

C言語計算式

更新日:

算数は苦手なのですが、これも勉強ということでC言語を用いた計算をしてみます。
計算に用いる「+」や「-」のことを演算子と言うようです。

ということで、計算式をまとめてみました。

通常の計算で用いる演算子

まずは通常の演算子ですが、以下のようなものがあります。

演算子動作使用例
足すa = b + c
-引くa = b - c
*掛けるa = b * c
/割るa = b / c
%余り(整数型のみで有効)a = b % c
=代入a = b

それでは、実際に演算子を用いてプログラムを作成します。

# vim test.c

#include <stdio.h>

main ()
{
        printf("5+は%dです。\n", 5+5);
        printf("5-5は%dです。\n", 5-5);
        printf("5×5 は%dです。\n", 5*5);
        printf("5÷5は%dです。\n", 5/5);
        printf("5÷3 のあまりはの%dです。\n", 5%3);
}

毎度おなじみ、CentOSでコンパイル

# gcc test.c -o test

実行結果は以下の通りです。

# ./test
5+は10です。
5-5は0です。
5×5 は25です。
5÷5は1です。
5÷3 のあまりはの2です。

TVでも話題になった自宅で無料でオンラインブートキャンプが体験できるようになりました!
※資料ダウンロード(無料)はこちらから!
【CodeCamp(コードキャンプ)】公式案内



代入演算子

変数に値を代入する演算子では「=」を使います。
使い方は以下の表でまとめました。

代入演算子動作使い方
+=足して代入a += b(a = a+bと同等)
-=引いて代入a -= b(a = a-bと同等)
*=掛けて代入a *= b(a = a*bと同等)
/=割って代入a /= b(a = a/bと同等)
%=余りを代入a %= b(a = a%bと同等)

実際に代入演算子のプログラムを作成してみます。

# vim test.c

#include <stdio.h>

main()
{
        int a = 90;
        int b = 90;
        int c = 90;
        int d = 90;
        int e = 5;

        a += 10;
        b -= 10;
        c *= 10;
        d /= 10;
        e %= 3;
        printf("90に10を足したら%dです。\n", a);
        printf("90から10を引いたら%dです。\n", b);
        printf("90に10を掛けたら%dです。\n", c);
        printf("90から10を割ると%dです。\n", d);
        printf("5から3を割った余りは%dです。\n", e);
}

いつものようにコンパイル。
エラーが吐かれたら、プログラム見直してね。

# gcc test.c -o test

実行結果は以下のようになります。

# ./test
90に10を足したら100です。
90から10を引いたら80です。
90に10を掛けたら900です。
90から10を割ると9です。
5から3を割った余りは2です。

こんな感じで、C言語の計算が実行できます。
覚えれば簡単ですが、やはりめんどくせぇ。

○エンジニアの道を目指すならこちらもおすすめです!
⇒ネットワークエンジニアへの技術手順書
⇒サーバーエンジニアへの構築手順書

ITエンジニアで就職するならこちらのサイトがおすすめです!
【レバテックキャリア】



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中! 自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています! 私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-C言語
-,

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.