ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

サーバー技術

CentOSで【for文】を使った便利機能

更新日:

CentOSでシェルスクリプトを使った便利な機能というか、使い方をメモしておきます。

例えば、DNSの名前解決をするときに違ったIPアドレスでdigコマンドを繰り返すとき、いちいちアドレスを変更するのってめんどくさいっすよね。

そんなときにこのfor文を使うことによって繰り返し処理を実施してくれます。


TVでも話題になった自宅で無料でオンラインブートキャンプが体験できるようになりました!
プログラミングのオンラインスクールCodeCamp

※資料ダウンロード(無料)はこちらから!
【CodeCamp(コードキャンプ)】公式案内

簡単な繰り返し処理はfor文を使おう

それでは実際にfor文で繰り返し処理をしてみます。

今回は、名前解決「dig」コマンドを繰り返し処理するfor文の便利な使い方です。

まずは対象のIPアドレスを書いたテキストファイルを作成します。

# vi ip.txt

10.10.10.9
10.10.10.10
10.10.10.13
10.10.10.14
10.10.10.17
10.10.10.18
10.10.10.21
10.10.10.22
10.10.10.25
10.10.10.26
10.10.10.29

次に変数「I」を使用し、上記で作成したテキストファイルの中身を「cat」コマンドで呼び出し(echo)します。

# for I in `cat ip.txt`
> do
> echo $I
> done
10.10.10.9
10.10.10.10
10.10.10.13
10.10.10.14
10.10.10.17
10.10.10.18
10.10.10.21
10.10.10.22
10.10.10.25
10.10.10.26
10.10.10.29

こんな感じで出力されます。

上記を応用して、テキストファイルから、IPアドレスを呼び出しそれぞれdigコマンドで名前解決していきます。
最後に書いている「sleep1」はそれぞれの繰り返し処理を1秒づつ実施していくという意味です。

# for I in `cat ip.txt`; do echo $I; dig @localhost -x $I +noall +ans +norec ; sleep 1
;done
10.10.10.9

; <<>> DiG 9.9.3-P2 <<>> @localhost -x 10.10.10.9 +noall +ans +norec
; (2 servers found)
;; global options: +cmd
10.10.10.10

........
---省略

上記の用に連続で、テキストのIPアドレスを呼び出し、digコマンドで処理をする感じです。
簡単にできるし、いろいろと応用が聞くので覚えて於いた方がよろしいです。私が。

○エンジニアの道を目指すならこちらもおすすめです!
⇒ネットワークエンジニアへの技術手順書
⇒サーバーエンジニアへの構築手順書

Linuxアカデミーの資料が無料請求できます!
リナックスアカデミー【公式サイト】



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中! 自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています! 私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-サーバー技術
-

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.