yum、wgetをプロキシ(proxy)経由で実行するぜぃ


yumやwgetでファイルをダウンロードする際にプロキシ経由で実施したい場合のめもです。
ちなみにOSはCentOS6.5(Final)を使用してます。


プロキシ経由で実行するための手順

プロキシは企業などの内部ネットワークとグローバルインターネットとの境界に位置します。(プロキシサーバ)
そこで内部ネットワーク(サーバ)はインターネットへ出れないので、内部ネットワークに代わり、「代理」でインターネット接続をしてくれます。

今回のプロキシサーバは以下のアドレスとなっています。

proxy=https://192.168.1.1:9999

yumで設定

まずは、yumでの設定例です。
以下、ファイルに追記してください。

vi /etc/yum.conf
proxy=https://192.168.1.1:9999


wgetで設定

wgetは以下ファイルの箇所に追記してください。

# vi /etc/wgetrc

# You can set the default proxies for Wget to use for http, https, and ftp.
# They will override the value in the environment.
#https_proxy = https://proxy.yoyodyne.com:18023/ #httpsをプロキシ経由にする
#http_proxy = https://proxy.yoyodyne.com:18023/ #ftpをプロキシ経由にする
#ftp_proxy = https://proxy.yoyodyne.com:18023/ #httpをプロキシ経由にする
http_proxy = https://192.168.1.1:9999/ #追記

上記を設定するだけで、プロキシ経由で実行ができますが、プロキシ経由で実行したくない場合は以下のコマンドで実行します。

# wget --no-proxy https://hogehoge/download

また、httpsで実行の際、証明書取得エラーが発生した場合は以下のコマンドで証明書エラーを無視して実行できます。

# wget --no-check-certificate https://hogehoge/download

以上です。

サーバーエンジニアへの構築手順書

2014年5月17日
イラスト図解式 この一冊で全部わかるサーバーの基本

イラスト図解式 この一冊で全部わかるサーバーの基本

きはし まさひろ
1,663円(09/21 19:08時点)
発売日: 2016/03/28
Amazonの情報を掲載しています


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!