【CentOS】ESXiでの時間のずれを修正するためUTCを無効化


vmware esxiをインストールし、vSphereクライアントでアクセスした際、9時間の時間のずれが生じます。
その時間のずれを修正する為にした対策を紹介します。


なぜ時間がずれるのか

ESXiはESXと違いタイムゾーンの設定がサポートされていません。
BIOS上の時計(UTC)と認識している為に起こるとか。

公式マニュアルにも、サーバハードウェアのクロックがBIOSシステムのUTCに設定されていることを確認しているとのことです。
細か過ぎる。そこかいて感じます。

つまり、BIOSのハードウェアロックを日本時間−9時間UTCに合わせることで解決できるのですが、凄くめんどくさいので、仮想サーバーじょうで、UTCを使用しないように設定することにします。

仮想サーバー上でUTCを使用しないように設定

それでは、仮想サーバー上で設定し、時間のずれをなくすようにします。

# vi /etc/sysconfig/clock

ZONE="Asia/Tokyo"
UTC=false    #設定追加

設定後は再起動を実施します。

# shutdown -r now

dateコマンドで時刻のずれが無くなったことを確認します。

# date

以上、お疲れさまです。
結構忘れやすいことなのでメモっておきます。

サーバーエンジニアへの構築手順書

2014年5月17日
イラスト図解式 この一冊で全部わかるサーバーの基本

イラスト図解式 この一冊で全部わかるサーバーの基本

きはし まさひろ
1,663円(09/18 18:12時点)
発売日: 2016/03/28
Amazonの情報を掲載しています


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!