ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

サーバー技術

collectdをインストールしてサーバの監視をしよう!

更新日:

サーバを構築する際、ウェブサーバやメールサーバなど連続運用が必要なサーバは監視が大切です。
collectdはCPUやメモリの負荷状況、トラフィックの状況をグラフ化することができるとても便利なツールです。

しかもインストールも簡単ですぐに使用できちゃいます。


>>>>>>エンジニアおすすめサイト
⇒IT、WEB、プログラミングのキャリアアップを目指す方はオンラインで学べる
コードキャンプがおすすめです。

無料体験レッスンも受けることができますし、専門の講師がしっかりサポートもしてくれるので安心です。
しかも、初心者からこれからキャリアアップして転職を考えている方もしっかりとサポートしてくれます。
年収もアップするために次のステップに進みましょう!

collecctdインストール

collectdをインストールする際、「EPEL」というパッケージを入れないとインストールされないので、事前に「epel-release」をインストールします。

$ yum list epel-release
読み込んだプラグイン:fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: www.ftp.ne.jp
 * extras: www.ftp.ne.jp
 * updates: www.ftp.ne.jp
利用可能なパッケージ
epel-release.noarch                                              6-8                                               extras
$ yum install epel-release

EPELのインストールが無事に完了すれば、「collectd」をインストールします。

$ yum install collectd

インストールが完了すれば「collectd」を起動します。

$ service collectd start
collectd を起動中:                                         [失敗]

上記のようにサービスを起動すると失敗してしまします。

ログを確認すると以下のようなメッセージが吐かれています。

$ tail -f /var/log/messages 
Feb 12 21:07:18 CentOS6 collectd[1990]: Looking up "CentOS6" failed. You have set the "FQDNLookup" option, but I cannot resolve my hostname to a fully qualified domain name. Please fix you network configuration.

Hostnameの#を外さないと怒られちゃいます。

$ service collectd start
collectd を起動中:                                         [  OK  ]
スポンサーリンク


rrdデータを収集するcollectd−rrdtoolをインストールする

collectdでデータを収集するためにrrdtoolをインストールします。

$ yum -y install collectd-rrdtool

/var/lib/collectd/ホスト名/のディレクトリ配下にrrdファイルが生成されます。

collectdを再起動します。

$ service collectd restart

データ収集を完了後、Web上でグラフ化するためにapache(httpd)とcollectd−webをインストール

収集したデータをwebで観覧できるように必要なツールをインストールしていきます。

$ yum -y install httpd

$ yum -y install collectd-web

collectd−webをインストールすると/etc/httpd/conf.d/の配下にcollectd.confというファイルが作成されます。

しかし、これだけではWeb上でグラフを表示できません。
デフォルトで127.0.0.1からのみのアクセスが許可となっています。

なので、collectd.confにて「Allow from」でアクセス元のネットワークを追加します。

$ vim /etc/httpd/conf.d/collectd.conf 

$ Configuration for collectd.

ScriptAlias /collectd/bin/ /usr/share/collectd/collection3/bin/
Alias /collectd/ /usr/share/collectd/collection3/

<Directory /usr/share/collectd/>
    AddHandler cgi-script .cgi
    DirectoryIndex bin/index.cgi
    Order Deny,Allow
    Deny from all
#    Allow from 127.0.0.1
    Allow from 192.168.0.0/24
</Directory>

Webでcollectdを確認する

httpdを起動します。

$ service httpd start

あとはブラウザで以下のアドレスへアクセスします。

https://collectdをインストールしたサーバのアドレス/collectd/bin/index.cgi

以下のようにWEBUIで表示されれば構築完了です。

CPU
スクリーンショット 2015-02-15 23.59.08

interface
スクリーンショット 2015-02-15 23.59.45

load
スクリーンショット 2015-02-16 0.00.48

memory
スクリーンショット 2015-02-16 0.00.56

お疲れ様でした。


>>>>>> 今、IT業界でLinuxの資格は必須と言っていいほど重要になってきました。
リナックスアカデミーはITエンジニアとしての知識が学べ、卒業後の就職までサポートしてくれます。

将来のエンジニアを目指す方は無料資料があるので参考にしてください。


○エンジニアの道を目指すならこちらもおすすめです!
⇒ネットワークエンジニアへの技術手順書

⇒サーバーエンジニアへの構築手順書



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中!
自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています!
私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-サーバー技術
-,

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.