【Docker】AlmaLinuxコンテナへのSSH接続確認


前回、CentOSの代替えOSとなる「AlmaLinux」をDockerで構築しました。
構築後に、簡単な「systemctl」コマンド、ssh接続などを実行して動作確認をしたのでまとめます。

前回、AlmaLinuxコンテナの構築は以下を参考にしてください。

【Docker】「CentOS」の代替OS「AlmaLinux」をDockerコンテナで構築してみた

2021年5月6日

「Docker」AlmaLinuxコンテナでSSH接続動作確認

まずは前提条件ですが、前回の構築時の「docker run」コマンドで「systemctl」コマンドが実行できるように「privileged」オプションを付与します。
また、ssh接続するためにポートオプション「-p 1222:22」を付与します。

$ docker run -itd --privileged -p 1222:22 --name almalinux --hostname almalinux  almalinux/almalinux:latest /sbin/init

以下が起動したAlmaLinuxコンテナとなります。

$ docker ps
CONTAINER ID   IMAGE                        COMMAND        CREATED          STATUS          PORTS                  NAMES
00fbb741fec1   almalinux/almalinux:latest   "/sbin/init"   13 seconds ago   Up 10 seconds   0.0.0.0:1222->22/tcp   almalinux

バージョンは2021年5月時点の最新バージョンとなります。

[root@almalinux /]# cat /etc/redhat-release 
AlmaLinux release 8.3 (Purple Manul)

「AlmaLinux」でSSHServer構築

AlmaLinuxコンテナ構築後、「openssh」をインストールします。

[root@almalinux /]# dnf -y install openssh-server
Last metadata expiration check: 0:36:19 ago on Mon 10 May 2021 10:18:47 AM UTC.
Package openssh-server-8.0p1-5.el8.x86_64 is already installed.
Dependencies resolved.
Nothing to do.
Complete!

インストール完了後以下コマンドでSShを起動します。

[root@almalinux /]# systemctl start sshd
[root@almalinux ~]# systemctl enable sshd

ステータスも問題なく「active」となっていることが確認できます。

[root@almalinux /]# systemctl status sshd
● sshd.service - OpenSSH server daemon
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/sshd.service; enabled; vendor preset: enabled)
   Active: active (running) since Mon 2021-05-10 10:18:33 UTC; 36min ago
     Docs: man:sshd(8)
           man:sshd_config(5)
 Main PID: 110 (sshd)
    Tasks: 2 (limit: 11814)
   Memory: 12.5M
   CGroup: /docker/00fbb741fec1b0253aaeea5fea71c7885f237add4c9b9e2b242fb4569460d809/system.slice/sshd.service
           └─110 /usr/bin/qemu-x86_64 /usr/sbin/sshd -D -oCiphers=aes256-gcm@openssh.com,chacha20-poly1305@openssh.com,aes2>

May 10 10:18:32 almalinux systemd[1]: Starting OpenSSH server daemon...
May 10 10:18:33 almalinux sshd[110]: Server listening on 0.0.0.0 port 22.
May 10 10:18:33 almalinux sshd[110]: Server listening on :: port 22.
May 10 10:18:33 almalinux systemd[1]: Started OpenSSH server daemon.


sshアクセス用パスワード設定

次にSShアクセスする際に「root」でアクセスしますが、コンテナはデフォルトパスワードがないので以下コマンドで新規にパスワードを設定します。

[root@almalinux /]# passwd root
Changing password for user root.
New password: 
BAD PASSWORD: The password is shorter than 8 characters
Retype new password: 
passwd: all authentication tokens updated successfully.

上記設定完了後、コンテナからログアウトします。

[root@almalinux /]# exit

「AlmaLinux」コンテナへSSHアクセス実施

ローカルPCから実際に「AlmaLinux」コンテナへSSH接続を実施します。
ポートは事前に指定した「1222」宛にSSH接続を実施します。

$ ssh -p 1222 root@localhost
root@localhost's password: 
Last login: Sat May  8 02:23:22 2021 from 172.17.0.1
[root@almalinux ~]# 
[root@almalinux ~]# 

上記のようにSSHでコンテナ接続ができれば完了となります。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!