【VMware】vCenter時刻設定操作手順(NTP同期設定)


vCenterの時刻設定でNTPサーバーへの時刻同期設定の手順をメモしておきます。

この設定はvCenterアプライアンスの管理インターフェースで実施します。
vCenterバージョンは6〜7まで共通の設定となっています。


vCenterアプライアンスのNTP時刻同期設定は「管理インターフェース」から実施

vCenterアプライアンスの時刻同期設定は「管理インターフェース」より実行します。
管理インターフェースへのアクセスは以下のURLにブラウザでアクセスします。

https://<IPアドレス or FQDN>:5480

ログインID・PassはvCenterアプライアンスデプロイ時に設定したrootパスワードとなります。

vCenterアプライアンスからNTPサーバーへの時刻同期設定手順

上記の通り、vCenterアプライアンス「管理インターフェース」へrootログインをします。

以下の手順で設定を実施します。

  1. 管理インターフェーストップ画面で「時刻」タブをクリック
  2. 「タイムゾーン」ペインで「編集」をクリック
  3. 「タイムゾーン」を「Asia/Tokyo」に変更
  4. 「時刻同期」ペインで「編集」をクリック
  5. 「モード」をドロップダウンで「NTP」を選択し、「タイムサーバ」で対象のNTPサーバーのIPアドレスを追記
  6. 「保存」

以上でvCenterアプライアンスの設定は完了です。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!