ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

collectd

サーバー技術

collectdをインストールしてサーバの監視をしよう!

投稿日:2015年2月17日 更新日:

サーバを構築する際、ウェブサーバやメールサーバなど連続運用が必要なサーバは監視が大切です。
collectdはCPUやメモリの負荷状況、トラフィックの状況をグラフ化することができるとても便利なツールです。

しかもインストールも簡単ですぐに使用できちゃいます。

collecctdインストール

collectdをインストールする際、「EPEL」というパッケージを入れないとインストールされないので、事前に「epel-release」をインストールします。

$ yum list epel-release
読み込んだプラグイン:fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: www.ftp.ne.jp
 * extras: www.ftp.ne.jp
 * updates: www.ftp.ne.jp
利用可能なパッケージ
epel-release.noarch                                              6-8                                               extras
$ yum install epel-release

EPELのインストールが無事に完了すれば、「collectd」をインストールします。

$ yum install collectd

インストールが完了すれば「collectd」を起動します。

$ service collectd start
collectd を起動中:                                         [失敗]

上記のようにサービスを起動すると失敗してしまします。

ログを確認すると以下のようなメッセージが吐かれています。

$ tail -f /var/log/messages 
Feb 12 21:07:18 CentOS6 collectd[1990]: Looking up "CentOS6" failed. You have set the "FQDNLookup" option, but I cannot resolve my hostname to a fully qualified domain name. Please fix you network configuration.

Hostnameの#を外さないと怒られちゃいます。

$ service collectd start
collectd を起動中:                                         [  OK  ]
スポンサーリンク


rrdデータを収集するcollectd−rrdtoolをインストールする

collectdでデータを収集するためにrrdtoolをインストールします。

$ yum -y install collectd-rrdtool

/var/lib/collectd/ホスト名/のディレクトリ配下にrrdファイルが生成されます。

collectdを再起動します。

$ service collectd restart

データ収集を完了後、Web上でグラフ化するためにapache(httpd)とcollectd−webをインストール

収集したデータをwebで観覧できるように必要なツールをインストールしていきます。

$ yum -y install httpd

$ yum -y install collectd-web

collectd−webをインストールすると/etc/httpd/conf.d/の配下にcollectd.confというファイルが作成されます。

しかし、これだけではWeb上でグラフを表示できません。
デフォルトで127.0.0.1からのみのアクセスが許可となっています。

なので、collectd.confにて「Allow from」でアクセス元のネットワークを追加します。

$ vim /etc/httpd/conf.d/collectd.conf 

$ Configuration for collectd.

ScriptAlias /collectd/bin/ /usr/share/collectd/collection3/bin/
Alias /collectd/ /usr/share/collectd/collection3/

<Directory /usr/share/collectd/>
    AddHandler cgi-script .cgi
    DirectoryIndex bin/index.cgi
    Order Deny,Allow
    Deny from all
#    Allow from 127.0.0.1
    Allow from 192.168.0.0/24
</Directory>

Webでcollectdを確認する

httpdを起動します。

$ service httpd start

あとはブラウザで以下のアドレスへアクセスします。

https://collectdをインストールしたサーバのアドレス/collectd/bin/index.cgi

以下のようにWEBUIで表示されれば構築完了です。

CPU
スクリーンショット 2015-02-15 23.59.08

interface
スクリーンショット 2015-02-15 23.59.45

load
スクリーンショット 2015-02-16 0.00.48

memory
スクリーンショット 2015-02-16 0.00.56

お疲れ様でした。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-サーバー技術
-,

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.