【Ansible】バージョンアップデート手順


Ansibleアップデート方法についてまとめたのでメモしておきます。

Ansibleインストールについての手順は以下の記事を参考にしてください。

ansible

Ansibleインストール_Docker(CentOS8)コンテナ環境

2020年9月10日

「Ansible」バージョンアップデートを実施する際のコマンド

Ansibleを最新バージョンにアップデートするには、「EPEL」リポジトリを有効にしておく必要があります。
EPELは「Fedoraプロジェクト」が公開している、通常のbaseリポジトリには含まれない最新のパッケージをまとめているリポジトリとなります。

Ansibleを最新バージョンに上げるための「EPEL」をインストール

Ansibleを最新バージョンに上げるために事前に「EPEL」をインストールします。

$ yum -y install epel-release
Last metadata expiration check: 0:50:45 ago on Sat 12 Sep 2020 01:55:56 AM UTC.
Dependencies resolved.
==============================================================================================================
 Package                       Architecture            Version                  Repository               Size
==============================================================================================================
Installing:
 epel-release                  noarch                  8-8.el8                  extras                   23 k
 
------中略------
 
Installed:
  epel-release-8-8.el8.noarch                                                                                 
 
Complete!


「–enablerepo=epel-testing」オプションを使用しAnsibleをバージョンアップ

Ansibleをバージョンアップする前に現在のAnsibleのバージョンを確認します。
バージョンは「2.9.10」です。

[root@Ansible_test ~]# ansible --version
ansible 2.9.10
  config file = /etc/ansible/ansible.cfg
  configured module search path = [u'/root/.ansible/plugins/modules', u'/usr/share/ansible/plugins/modules']
  ansible python module location = /usr/lib/python2.7/site-packages/ansible
  executable location = /usr/bin/ansible
  python version = 2.7.5 (default, Apr  2 2020, 13:16:51) [GCC 4.8.5 20150623 (Red Hat 4.8.5-39)]

Ansibleのバージョンアップは「yumインストール」に「–enablerepo=epel-testing」オプションをつけて実行します。

[root@Ansible_test ~]# yum install ansible --enablerepo=epel-testing
読み込んだプラグイン:fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile

------中略------

Transaction test succeeded
Running transaction
  更新します              : ansible-2.9.13-1.el7.noarch                                                                                                 1/2
  整理中                  : ansible-2.9.10-1.el7.noarch                                                                                                 2/2
  検証中                  : ansible-2.9.13-1.el7.noarch                                                                                                 1/2
  検証中                  : ansible-2.9.10-1.el7.noarch                                                                                                 2/2

更新:
  ansible.noarch 0:2.9.13-1.el7

完了しました!

正常にバージョンアップが完了したら再度バージョンを確認します。
バージョンアップ後は「2.9.13」になりました。

[root@Ansible_test ~]# ansible --version
ansible 2.9.13
  config file = /etc/ansible/ansible.cfg
  configured module search path = [u'/root/.ansible/plugins/modules', u'/usr/share/ansible/plugins/modules']
  ansible python module location = /usr/lib/python2.7/site-packages/ansible
  executable location = /usr/bin/ansible
  python version = 2.7.5 (default, Apr  2 2020, 13:16:51) [GCC 4.8.5 20150623 (Red Hat 4.8.5-39)]

Ansibleのバージョンアップは以上となります。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!