【NetApp】Nodeシリアル番号確認コマンド

NetAppの機器情報、シリアル番号を確認したい場合は以下のコマンドを実行します。

netapp::> system node show -node <nodename>

詳細は以下で紹介します。

「NetApp」Node機器のシリアル番号確認方法

上記コマンドはクラスタが組まれているNode単体の情報を確認することができます。
シリアル番号以外にも以下が確認できます。

  • 名前
  • 所有者
  • 場所
  • モデル番号
  • シリアル番号
  • ノードの稼働時間
  • ヘルス
  • クラスタへの参加資格など

「system node show」コマンドの出力例

クラスタ内の単体のNode情報を確認するためのコマンドど出力結果となります。

netapp::> system node show -node <nodename>

                   Node: <nodename>
                  Owner:
               Location:
                  Model: FASxxxx
          Serial Number: 94xxxxxxxxxx
              Asset Tag: -
                 Uptime: 104 days 13:41
        NVRAM System ID: 5xxxxxxxx
              System ID: 0xxxxxxxxx
                 Vendor: NetApp
                 Health: true
            Eligibility: true
Differentiated Services: false
    All-Flash Optimized: false
     Capacity Optimized: false

上記で「Serial Number」と記載されているところで、シリアルナンバーを確認できます。

また、上記コマンド以外にも以下で詳細な情報も確認できます。

netapp::> system node run -node <nodename> sysconfig -a

NetAppのシリアル番号を確認するコマンドは以上となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUT US

blank
げんき☆ひろき
インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!